FC2ブログ

楽脳研究所

ファミコン中心ゲームレビューサークルのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロゴルファー猿

今日はもはや投売り状態の「プロゴルファー猿」のお話ですw
hikoです こんばんは~


プロゴルファー猿といえば
藤子不二雄A氏の大人気ゴルフ漫画です

その意外性の高さ 現実離れした世界観と
実はしっかりとしたゴルフ観がうまくマッチして

アストロゴルフ漫画として(まったく参考にならないですがw)
すさまじい戦いを繰り広げていました


そんな猿がwiiでゲームとなりました


もちろんゴルフゲームでwiiで出たものは wiiスポーツやパンヤなど

身体を使ってできるところから評価が高いです


この猿も同様に身体を使うわけですが そこは猿
ありえない方向に打ったりとか かつての必殺技とか

できるんじゃないかと期待されていたわけですねー


猿を始めて10分 hikoはポカーンでした

このゲーム・・ストーリーがないっ(汗


猿って意外に濃厚なストーリーがあったりするのですが

このゲームにはそれがありません・・

キャラが6人と意外に少ないし・・

しかたないのでとりあえずホールを回ることに


このゲームでは実際に身体を打つといった 肉体労働は強要しません


ゴルフゲームのスイングは一切やらなくていいのです
軽く手を振る動作だけでいいのですねー

それによってwiiのゴルフの良さが消え去ったのは いうまでもないですが(


まずは打つ場所をリモコンのカーソルで決めます

なんとこの選ぶときには キャラクターの顔が出てきて
「そこがいいんじゃないか」とか言ってくれたりします

これでらくらく打つ場所が決められるのです


うん また良さが一つ消えたね・・w


打つ場所が決まったら(決めさせられたとも言う)

次はドギャメーターを合わせます

みんゴルの打つ強さの後のタイミング決めみたいなものです

タイミング良く押すと 絶妙なインパクトが出せて
ナイスショットになるわけですねー

ちなみにこれがこのゲームで一番むずかしいです(


ドギャメーターは文字が小さい状態から  大きくなっていくのを繰り返し続けるので
一番大きくなった瞬間にリモコンを振るのです

これは3パターンあって はっきり言って読めません(


ここでhikoはミスしてしまいました・・w

一番強いのを狙って失敗すると
ちょうど小さい文字に戻った時になるのでミスショットになるのです


まあどこでも落ちてくれればいいかー
と楽観していたら このゲームはそんな生易しいものではない

ボールは遥かかなた そしてあちら側の方向へ消えていき・・
OBとなりました・・(汗


ええええー・・

hikoはそのまま10数回失敗を繰り返し(本当に難しい)
OBがかさんで相手が打つ間もないまま

はい 負けましたw -12とかになって(


しかし1敗になっただけで ホールは続きます


ここで次のホールへのつなぎにミスターX(悪の親玉)が 現れて プレイヤーに嫌味をいってきます
そして選択肢 強気に返すか 弱気に返すか を 選ぶことが出来ます

ちなみにこの選択肢はまったく意味がありません(((

どの道 次のホールは自分の意志とは関係なく 適当に選ばれます
そもそもホール数が少ないので ほぼ全部回りますw


さてhikoも悔しさをバネに
1回OBしつつも2回目で乗せましたよ グリーンに

さあ敵は何回OBするのかな?と思っていたら
・・あっさりグリーン乗せました ははっ


その後はパターですが
もちろんこのゲームはパターの軌道 グリーンの傾斜 芝生

そういったものは一切決めることがない親切設計w

勝手に軌道が決まって ボールが転がっていく映像が流れるので
カップにタイミング良くボールが来たら リモコンを振るだけですっ


もうね 何回ポカーンってしたかわからない・・w

ここまでいいところを挙げられないゲームは初めてですw


始まって1時間 hikoはリモコンを置きました


とりあえず隠されている2キャラを出すために奔走
というか隠しキャラは説明書にかかれているので・・まったく親切だなぁ(褒め言葉


そんなこんなでストーリーが無いので
ずっとホールを回っていました

すると気付いたことが二つ


一つはこのゲーム ボールの落ちる場所がたぶん3箇所しか作られてません

というのもナイスショットはカップから1m
それ以外の普通ショットはカップから3mか5mと明確になっているからです

リモコンのポインタの位置を少し変えても変化がありません
逆に大きく変化させると OBになりますw


あと1mだと勝手にカップに入れてくれて

3mだとおそらく1打でパターして入ります

5mだと確実に2打かかります


・・ここまで法則性がわかりやすいと逆に困るんですが(親切)


2つ目の気付いたことは


敵プレイヤーは全ホールで2回ぐらいしかミスしないということ
つまり・・2回OBするとその時点で全ホール負け

というか 1回OBしてしまうとそのホールは
負けをかみ締めながら打ち続けなければならないのです・・www

OBしてもそのホールは飛ばせません
つまり負けるとわかっていながら 無駄な時間を過ごすのです(


なんかアメとムチが差が激しいですねw


始まって2時間 hikoはゲームを封印しかけました


このゲームには原作どおり 必殺技の概念がありまして
ポインタを特定の位置に合わせると


必殺技が打てるのですっ!


必殺技は特定の動きをwiiリモコンで行うと発動!
あの猿の変態技ができるとはw


これはすごいっ やっと面白そうな要素がっ と期待して
やってみると相手よりも一打少なく打てる効果がっ

ですが必殺技の意味は1打少なくなる可能性があるってだけです

紅蜂の「キラービー」(相手のクラブを破壊する)も 1打少なくなるだけです


もはや猿の意味が・・ない・・


まあ相手も使ってくるので こっちも使わないと勝てません

落ちる場所がこれもOBと2つと決まっているので
普通かナイスショットかどちらかで決まります

製作者は何を作りたかったのだろうか・・


もはや全てが決まっているのです

そうドギャメーターです 必殺技とナイスショットできれば勝てます

つまりこのゲームはゴルフゲームとは仮の姿
本当は タイミングゲーム だったのですっ


そうわかってしまった 始まって2時間後 ゲームを封印しかけましたw

その後3時間粘りましたが
引き分けばかりで一度も勝てませんでしたwww


さて本作はファミ通のレビューで
過去最低の12点(4人がそれぞれが10点満点中3点) を記録しました

自分としては3点でもやさしいような気がします(あえて辛く


wiiのゴルフゲームがここまで発展しているのに
というかゲーム界のレベルがここまで高いのに

少し・・悲しいゲームだったと思いました


まあでもMな方はぜひどうぞw
けっこうみじめです( スランプに陥るともうOB地獄ですっw

ちなみにナイスショットを狙わないと
どこかで負けるので注意ですねー

このアメの中のどぎついムチが逆にいいのかもしれません


なんというかおそらく上級者向けなので
手の振り一つで自分との闘いをしたい方はぜひ買ってみてくださいーw

今なら投売り千円ちょいですw


そんな感じですーw


締め切りはあと2日 ゲームはやったし後は書くだけと思ったら
ゲーム画像撮ってなかった・・w

ということであと少しがんばろっ
hikoでした また明日~
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakunoufc.blog86.fc2.com/tb.php/31-1f3488c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。