FC2ブログ

楽脳研究所

ファミコン中心ゲームレビューサークルのブログです。

モブキャラなんてなかった

モブキャラなんてなかった



モブキャラなんてなかった!



モブキャラとパートナーなんてなかった!!!!1







タッグフォースSPでモブキャラとパートナーができないことが判明しました。

これによって、このゲームの価値はほとんどありません。というかありません!





そもそもタッグフォースシリーズとは何が素晴らしかったのかというと、
アニメの登場キャラクターたちとパートナーとして会話したり、タッグデュエルが出来る点です。


会話をするといっても、一行で終わるようなささいなものではなく、
ストーリーの隙間に隠れたキャラクターの悩みや本音アニメの設定にそったリアリティのある内容


それらが実際にキャラクターが話しているかのような文章で作られているため、
アニメのワンシーンを思い出しながら、遊戯王のキャラクターの魅力を深く知ることが出来るのです。



遊戯王のモブキャラにも一人一人に設定があり、アニメでもそういった部分は見られるのですが、
大抵1話か1デュエルで消えていく彼らと会話することで、様々な設定や魅力を見ることが出来ます。



またタッグフォースでは、キャラクターにプレゼントをしたり、会話の選択肢で好感度を上げる機能があったりしたのですが、
(若干やりすぎな所もあるけど、キャラクターの好きな物とか性格とかがわかって楽しい)

それらが今回は全てカット!


タッグデュエルをするだけで、好感度上昇という仕様のため、デュエルするだけの作業ゲーとなり、苦痛しかない・・・。



というか、カードビルダーだけなら、遊戯王ADSがあるわけですし、こちらはネット対戦も出来て
さらにandroid版も出て、ケータイでも出来るようになったわけですし。


それを考えると、このゲームに価値はありません。ただの駄作です。
タッグフォースは、こうしたキャラクターとの絡みを楽しむためのゲームであり、そこにニーズがあるからです。






酷評になりましたが…、前作からこれだけ多くのカードを導入したのは、本当に素晴らしいことだと思いますし、
またキャラクターや表情差分などが丁寧に作られている所を見ると、
何か事情があったり、時間や容量が足りなかったのかなとか考えてしまいます。


前作での様々な進歩がほとんどカットされた点や好感度システムの削除、DLで値段が3千円という点、
そしてモブキャラの削除。


どういった経緯があったかはわかりませんが、とても悲しいです…。



遊戯王ADSが無ければ、またネット対戦が出来るなら、方向転換として受け入れられたのですが…。
値段的には適正だと思いますが、残念なゲームとなってしまいました。


ですが! DLコンテンツでのシステムアップデートやモブキャラクターが追加の可能性があるかもしれないので、
そちらに期待ですね!


hiko-でした! また!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakunoufc.blog86.fc2.com/tb.php/143-9c489126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)