FC2ブログ

楽脳研究所

ファミコン中心ゲームレビューサークルのブログです。

HotlineMaiami

最近気になっていた「HotlineMaiami」というゲームをクリアしました。
感想としては、とても面白かったです!(小並感)

ぜひみなさんにもやってほしいゲームなので、さっそくレビューです!


※グロテスクな表現を含むゲームですので、そういった内容が苦手な方はプレイを控えた方がいいかもしれません。






○ 謎の多いストーリー

内容は、マフィアの抗争が起こっているマイアミの街で、
度々かかる謎の電話の指示を受けながら、向かった先で主人公が人を殺すというもの。

主人公は「○○にあるクラブで待ってるよ」といったカモフラージュされた電話内容を取り、
知り合いのいくつかの店(ピザ屋など)で詳細を受け取り、動物のマスクを被って現場に向かうのです。


こうした殺し屋のゲームはたくさんありますが、その中でもこのゲームが素晴らしい所は、
独特の雰囲気と小説のようなストーリーの見せ方と展開です!


なんというか…狂気を感じる絵なんですよね…キャラクター絵とか生首だし
しかしそれがこの世界観にマッチしていて、プレイしているうちにこの絵じゃないと何か間違っているような感覚に陥ります。

テキストの最後に必ず「☆」がつく所が素敵☆
店ごとの店主さんの顔が同じところ、奇妙な動物のマスクも見逃せませんね。


こうした不気味な雰囲気ですが、雰囲気作りというだけではなく、実は深い意味があったりして、
プレイしているうちに、気付くとこの不思議な世界に、どっぷりとつかっていることでしょう。



また殺し屋としての主人公の側面が見られる中で、一方主人公自身の詳細はというと、ほとんど語られることはありません。
なぜ電話がかかってくるのかも、なぜ人を殺すのかも、プレイヤーが推察するしかないのです。

しかし説明がないだけで、部屋の中からヒントを探ることができるので、
ストーリーが進むごとに、まるで小説を読むかのように、

内容がだんだんとわかっていくのがとても面白く、
また展開の起伏や見せ方など、とても素晴らしい内容になっています!




○ テンポ良すぎてすぐ人が死んでいくゲーム内容

操作方法はとても直感的でわかりやすく、マウスの位置で主人公の向きを調節して、
キー一つで武器をぶんぶんして、敵を倒していくといった感じです。

他にも銃を使うと標準をつけることができたり、武器は投げつけることができたりなど、
それらを状況によって使い分けて進んでいくのですね。


これらは非常にテンポ良く進んでいき、多数いる敵をバッタバッタ倒していきます。

しかし殺されるのも一瞬で、特に銃で狙われていると防ぐ手段がなくどうしようもないので、
プレイヤーは倒す敵の順番やルートを

まずはこの敵を倒して、武器を奪って、次はこの敵を…といった具合に、見つけ出していくのです。


このゲームはルートを見つけると必ずクリアできるといった類ではなく、その上で操作性も重要となるので、

あと少しで倒せなかった時とか、狙撃手がいいタイミングでこっちを向いてきて射抜かれたりすると、
たっぷり悔しがった後に、キリっとして、Rキーを押してリトライ、Rキーを押してリトライを繰り返していくのです!

この流れが本当にテンポが良く出来るので(戦闘が早く、読み込みが早い)、また死ぬと大抵動き方がわかるので、
死んでしまってもストレス無く次につなげることができて、
とても楽しくプレイすることができると思います!




○ 総評

とある配信者の方がプレイしていて面白そうだったのと、ちょうどSteamでセールが来ていたので、
ついつい衝動買いしてしまったのですが、期待以上の内容でとても満足でしたw

このゲームの良いところをいくつか書きましたが、何より良いのは、
全体を通してのゲームバランスなのだと思います。

ストーリーのヒントの見せ方がとても素晴らしく、なんとなくストーリーはわかるようになっているのですが、
注意深く部屋の物を確認したり、考察した人には、さらにとてもとても深いストーリーが手に入るようになっています。

また戦闘においても、敵をバッタバッタと倒す爽快感と難易度のバランスが非常に良く、飽きさせません。


こうしたストーリー面や戦闘面のバランスがとても良くとられていて、
完成度の高さがうかがえます。


少しネタばれになりますが、主人公は注意深く考察すると殺人を楽しんでいる節がありまして、
戦闘面の敵をバッタバッタと殺す爽快感はこのストーリーを完結させるのに必要なものだったのでしょう。

あくまで仮定ですが、そこからバランスをとって、面白くしたと考えるなら、
このゲームがいかに考えつくされて作られたかがわかることでしょう。



評価は10点中9点です!

1点マイナスしたのは、その…盛大にネタばれしてしまうので、最後までストーリーを見ればわかると思います!



ちょっとグロいのが難点ですが、アクション物が好きな方やストーリー重視という方、
爽快感を味わいたい方などにとてもおすすめです!


みなさんもこの「HotlineMaiami」で敵をバッタバッタ倒しながら、
この独特の雰囲気とストーリーを楽しんでみてはいかがでしょうか!


hiko-でした! また!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakunoufc.blog86.fc2.com/tb.php/139-02e61bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)