FC2ブログ

楽脳研究所

ファミコン中心ゲームレビューサークルのブログです。

1対1ドミニオンの可能性

LoLというゲームにドミニオンというゲームモードがありまして

内容は「5対5の2チームに分かれ、5本建っている塔をそれぞれ取り合う」というものです。


取れている本数が相手より少ないと

チームごとに与えられているゲージがゆっくり下がり続け

そのゲージが0になるとゲームに負けるというルールです。


塔の位置はちょうど五角形の点の場所に配置されているので

 □ 5人という人数をうまく分け、相手とぶつかった時に人数差をつけたり

 □ うまく道を通って、相手が気付いていないうちに塔をこっそりいただいたり

 □ 相手の塔を取っている間の隙をうまくついたり


いろんな戦術があります。


五角形の真ん中には、キャラクターを強化する機能が度々現れるので

それが出る度に集団戦が起こります。






昨日友人とLoLの設定をいじっている時に

適当に選んだマップがドミニオンでした。


設定が終わり、なんとなく戦うことに。




そう・・・1対1ドミニオン(クソゲー)の始まりである・・・!




なぜ、クソゲーなのか。


それは塔を多く取っている方が有利になるこのゲームに置いて

優位を取った側が勝つために行う戦術はたった一つだからです・・・。


相手を無視して、塔を取る・・・ただそれだけでいいのです。


負けている側は塔を取らないと勝てないので塔を取りにいくのですが

その間勝っている側は取られた塔を取り返すので


仲良し塔の取り合いが発生し、有利を取った者が確実に勝ってしまうのです!!!



つまり5人で戦うから、いろいろな動きが出て、戦術が生まれるのですね。



まあ、そんなことは戦う前から分かっていたので

自分は積極的に戦いを挑もうと思っていたのですが・・・



え・・・そんな・・・まさか・・・



あの誠実な彼が・・・



自分を無視して・・・黙々と塔を取っている・・・だと・・・!?





そう設定を一緒にいじっていた彼は

このクソゲーだとわかっているゲームにも関わらず

この勝負、勝ちにいっていたのです!!!






気付いた頃には既に遅し、仲良し塔の取り合いが始まっていました。


(! このままでは負ける・・・!)


そう思った自分は勝負に出ることに!


自分を無視する彼を追いかけ、彼をkillする・・・


その復活時間の間に塔を取り返すことにしたのです。



・・・しかし彼はその動きを読んで、拠点近くに居座るという暴挙に出ました。


なぜなら拠点に戻れば、体力を回復することが出来るので

圧倒的に有利に1対1を行うことができるのです・・・!




なんという卑怯! 卑劣! 勝利の権化!



悪に屈するかと思った矢先

だがここで思った以上に自分のキャラクターの火力が出る


彼が拠点から出ては戻り、出ては戻りを繰り返している間に

自分の拠点から出ていたミニオン(塔から小さな自分の味方たちが隣の塔へと進軍する)が

彼の拠点を奪ったではありませんか!



これにより立場は逆転、一転して自分の方が有利になりました。



まあこの後なんだかんだあり、最後の殴り合いで自分が勝ったことで

このゲームに自分が勝利したのですが



二人とも終わった後は、この考えていたよりも遥か上をいく熱い試合内容に興奮し

お互いにこんなクソゲーを楽しむことができるという

頭の悪さ実力を認め合ったのでした!






みなさんもこのクソゲー1対1ドミニオン

ぜひ親しい方と挑戦してみてはいかがでしょうか!







彼と自分はクソゲーマイスターを目指して

またそう呼ばれているマイスター仲間なのです。



これからもクソゲーマイスター道を進んでいく(キリッ

hiko-でした! また!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rakunoufc.blog86.fc2.com/tb.php/132-f378f837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)